姫路のお菓子が大集合♪「姫路菓子まつり2015」

10月30日(金)~11月3日(火)の5日間、大手前公園にて、

「第28回全国陶器市」、「姫路城皮革フェスティバル2015」、「姫路菓子まつり2015」のイベントが同時開催されました!

 

前回は皮革フェスティバル2015(リンク貼る)の様子をお知らせしましたが、

お隣の「姫路菓子まつり2015」ももちろん楽しんでまいりましたよ~

会場の様子をどうぞご覧ください(*^_^*)

 

 

美味しそうな菓子ブースがたくさん!

 

大手前公園にずらりと並んだブース。

ふんわりと甘い香りがして、お腹が空いてきました(笑)

 

洋菓子・和菓子など、いろいろなお菓子が少しずつ楽しめるので、

どれも欲しくなってしまいますね!

 

15以上のブースが並び、それぞれ自慢の逸品を販売しました。

 

 

実演販売をしているブースでは、多くの人がその職人技に見入っていました。

 

P9

出来上がったのがこちら。できたての本わらび餅です!

崩れそうで崩れない絶妙のぷるぷる感がたまりません。

 

 

ホカホカ湯気が出ているお菓子も。

こうして間近で見ると本当に美味しそうですね!イベントの醍醐味です。

 

 

姫路銘菓を集めたブースです。お土産に購入されている方がたくさんいらっしゃいました。

 

菓子の芸術!!姫路の工芸菓子展示「匠の館」

 

P14

 

奥へ足を進めると、「匠の館」が。

 

P15

匠の技で創り上げた工芸菓子が展示されていました。

 

職人の部。ここここれはすごいです…

葉や花びらの一枚一枚に、植物の特徴が見事に表されていて、一見お菓子とは思えないほど繊細な作りです。お菓子作りの技術でここまで表現できることに感動します。

 

こちらは学生の部。未来の菓子職人の情熱をビシバシと感じました!

 

会場にはその他、上生菓子の製作実演やステージイベント、

姫路菓子組合のキャラ「HIMEJI Sweet’s 応援sister’s」のパネル紹介、

お菓子の人気投票もなどもあり、会場は大いに賑わっていました。

 

城下町・姫路では、藩主が茶人だったことから、古くから菓子作りが盛んに行われていました。現在でも、職人が受け継いできた伝統の技に磨きをかけ、洋菓子や新しい和菓子の開発にも力を入れています。

姫路・西播磨地場産センターからは、今後も姫路菓子組合の新しい情報を発信していきます。

また、「郷土名産コーナー 播産館(じばさんびる1F)」や、

「姫路の宝蔵(姫路城前)」、WEBショップ「はりまの宝蔵」

姫路の銘菓を購入できますので、お近くに来られた際は、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

じばさんセンター
姫路・西はりまの地場産業ニュースをお届けします!
http://www.jibasan.or.jp/