播磨の名酒シリーズ① 兵庫の特上米「山田錦」と揖保川の伏流水から作る酒「龍力」

「大地と清流の恵み 染み渡る播磨の名酒」

 

姫路市網干区高田の株式会社「本田商店」は、米の美味しさにこだわりぬき、日本酒の頂点を追求し続けている蔵元です。元禄時代より播州杜氏の総取締役として酒造りに専念し、1921年(大正10年)に現在の地に「龍力」の酒蔵を創りました。

 

姫路市網干区高田の株式会社「本田商店」蔵外観

 

日本一の品質と言われる兵庫県特A地区産の特上米「山田錦」にこだわりぬき、総生産量の半分以上が大吟醸という贅沢さ。仕込み水にも播磨の清流・揖保川の伏流水を使用します。

大吟醸にうってつけの、鉄分が少ない清冽な軟水です。

 

本田商店の日本酒ラインナップ

 

最高の米と清流から作る酒は、「龍力」の名の通り、力強い味わい。そして、爽やかな口当たりと清々しい香りが、その品格を一層高めています。口に含むと華やかでフルーティーな香りと米の甘みが広がり、深い味わいが喉を通って体全体に染み渡ります。

 

本田商店 日本酒

 

最高級の「秋津」、王道の「米のささやき」、どちらも大吟醸の頂点を極めていると言ってふさわしい一品で、地元のみならず海外のファンも多いそう。また、山田錦のほかにも、地産の米を使用した酒を多く開発しており、飲み比べてみるのも一興です。

 

注目度が高い「ドラゴンシリーズ」と呼ばれる新しい挑戦。

 

ドラゴンシリーズ

龍力の5代目が、伝統を守りつつ、日本酒をもっと楽しめるよう仕込んだもので、個性的なラインナップが特徴です。

 

冷・常温・燗のそれぞれに特化した美味しさを追求し、新しい試み、新しいテーマで酒造りに挑んでいます。

 

米の旨味はそのまま、自社製造のアルコールを使用した「大吟醸ドラゴンEpisode1」や、新品種の「兵庫錦」を使用し、スッキリとキレのある酒に仕上げた「純米吟醸ドラゴンEpisode2」。

 

フルーティーでマイルド、価格に挑戦した「純米酒ドラゴンEpisode3」など。

 

一風変わった名前のお酒を前に、あれこれと話が弾むこと間違いなしです。名前の面白さもさることながら、美しい色の酒瓶とスタイリッシュなラベルも魅力的。好みやシチュエーションに合わせ、カラフルな瓶たちが宴を盛り上げてくれるでしょう。

 

ずらりと並べて楽しむもよし、プレゼントにもよしのお洒落なシリーズです。

もちろん、美味しいことは言うまでもありません。日本酒を「見た目で楽しみ、名前で楽しみ、味で楽しむ」。そんな作り手の想いと情熱が伝わるシリーズです。

 

西播磨の自然の恵みと、職人と生産者のこだわりが産んだ銘酒をどうぞお楽しみください。

 

株式会社 本田商店

671-1226 兵庫県姫路市網干区高田361-1 

 

 

じばさんセンター
姫路・西はりまの地場産業ニュースをお届けします!
http://www.jibasan.or.jp/