【姫革細工】武将の鎧や兜に用いられていた「姫革」が始まり

姫路といえば「姫革細工」。成り立ちや特徴をまとめてみました。

皆さんは「姫革細工」というものをご存知でしょうか。
兵庫県姫路市だけで生産される「姫革」を使用した工芸品を姫革細工と呼びます。
今回は姫革細工の成り立ちや特徴についてご紹介したいと思います。

 

■姫革細工の成り立ちについて

 

姫革細工の始まりは、戦国時代といわれています。
姫路市の特産品とされていた姫革は、色が白く他の牛革よりも強度があるのが特徴で、武将の鎧や兜に用いられていました。
革製品加工の技術は受け継がれていき、明治時代を迎えるころには巾着や草履などの細工品が出回り始めました。
そして現在では、枠にとらわれないデザインや形の細工品が多く作られるようになり、1993年には姫路市の姫革を使用した細工品を「姫革細工」として、兵庫県指定伝統的工芸品指定に指定されました。
現在でも姫革細工を愛用する人は多く、年齢問わず幅広い層から支持されています。

 

■姫革細工の魅力について

 

人々を引き付ける姫革細工の魅力とは一体何なのでしょうか。
姫革細工に秘められた魅力についてご紹介したいと思います。

 

1、軽くて丈夫

革製品といえば重厚感のあるアイテムが多いかと思いますが、姫革細工に使われる姫革は軽くて丈夫なので、持ち歩きにも最適です。
戦国時代の鎧や兜に使われていた理由が分かりますね。

 

2、使い込むほどつやが増す

姫革細工の特徴は、何と言ってもその特徴的な白さ、といえます。そして、使い込んでいくほど表面につやが増してくるので、より一層味のある一品へと姿を変えていきます。
「愛着がわいてくる」という声も多く、姫革細工に人気が集中するのにも納得ですね。

 

img_5568
img_5605
img_5595
img_5602

 

■まとめ

 

今回は「姫革細工」の成り立ちや特徴についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
兵庫県姫路市のみで生産されている姫革を使った姫革細工は、兵庫県指定伝統的工芸品指定に指定されるほど、非常に芸術的な細工品です。
姫革細工は軽くて丈夫で、使い込めば使い込むほど味わいが深くなっていきます。
上質なアイテムをお探しの方は、ぜひこの機会に姫革細工を手に入れてみてはいかがでしょうか。あなたに合ったぴったりの姫革細工に出会えるチャンスかもしれません。

 

姫革細工のアイテムをお求めの際は

140種以上の姫革細工を取り揃えている「播産館」へどうぞ

img_5546

 

(公財)姫路・西はりま地場産業センター 1階
郷土名産コーナー「播産館」
TEL/079-289-2835 FAX/079-226-3636
営業時間/午前9:00~午後7:00
※12月29日~1月3日以外は無休で営業

 

 
 
じばさんセンター
姫路・西はりまの地場産業ニュースをお届けします!
http://www.jibasan.or.jp/