ケネディ駐日大使も買って帰った?播磨のマッチが「着火具のいらないお香スティック」に

マッチを擦るだけでお香になる!「hibi」播磨の地場産業マッチが海外でも大注目。  マッチといえば播磨。明治の始め、神戸地方で栄えたマッチ産業はどんどん西へ広がっていき、播磨地域では現在もマッチが作られ続けています。現在マッチの生産量は姫路・西はりま地域で国内の約80%を占めています。そんな播磨のマッチと淡路のお香がコラボしてできた「hibi」播磨地域で1929年に創業した老舗のマッチメーカー『神戸マッチ』でつくられた着火部を使用しており、お香の部分は線香作りで約80年の歴史をもつ「株式会社大発」で作られています。 658

そろそろ新酒の美味しい時期!?そもそも新酒ってどういうこと?

日本酒の新酒ってどういうこと? 日本酒の仕込みは、毎年10月から翌年の3月にかけて行われます。その年に収穫された新米を仕込んでお酒作りが始まり、早ければ11月くらいから新酒として販売されます。 厳密に言うと、日本酒には酒造年度というものがあり、7月1日〜翌年の6月30日の期間を1年で区切っています。 この酒造年度でいうと、10月から3月に仕込まれて、6月までに出荷されたものが新酒と言えるわけですね。ちなみに、最近は居酒屋の軒先でもみかける「杉玉」ですが、そもそもは造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たすものです。  新酒の美味しさはフレッシュで若々しい香り 新酒の美味しさを言葉で表すなら「フレッシュ感と若々しさ」が言えると思います。 瓶詰めされてから間もない日本酒は熟成が進んでおらず、みずみずしさが残りフレッシュさを味わうことができます。 しかしながら、熟成していないということは、味に角があり硬い感じがするもの特徴です。新酒の生酒などであれば、開栓してから時間が経つごとにどんどん味が変化していくので、1週間くらいかけて味の変化を楽しみつつのんでみるものいいかもしれません。  この時期は日本酒イベントがたくさん! 10月1日が日本酒の日に制定されているため、この日は各地で日本酒のイベントが開催されていますが、新酒ができあがる時期は早くても11月以降になるのでこれから各地の酒造でどんどん新酒が出来あがり、販売が行われていきます。 姫路では「姫路食博2016&世界のおでん・お酒フェア」が開催され、姫路・西はりまの地酒ブースがあるそうなので、もしかしたら新酒が味わえるかもしれませんね。 姫路・西はりま地方は日本酒が生まれた地と言われています。日本酒のふるさとで地酒を飲みながらおでんを食べれるイベントなんて日本酒ファンなら見逃せません。    

「姫路城皮革フェスティバル2016」レポート!

先日の11月5日に、姫路城の手前「大手前公園」で開催されていた皮革フェスティバルに行ってきました。  このイベント、毎年開催される「姫路陶器市」と同時開催されており 同じ会場で「姫路菓子まつり」も開催されています。 607

【姫革細工】武将の鎧や兜に用いられていた「姫革」が始まり

姫路といえば「姫革細工」。成り立ちや特徴をまとめてみました。 皆さんは「姫革細工」というものをご存知でしょうか。 兵庫県姫路市だけで生産される「姫革」を使用した工芸品を姫革細工と呼びます。 今回は姫革細工の成り立ちや特徴についてご紹介したいと思います。 588

生活に姫路・西はりまの馬油を使用した「しらさぎ化粧品」を取り入れてみませんか?

最近、姫路・西はりま地域の馬油が注目を集めていることをご存知でしょうか。 今回はなぜこの地域の馬油が注目されているのか、馬油の利点・効能についてのご説明と、最後に「しらさぎ化粧品」についてご紹介したいと思います。 569

知る人ぞ知る日本酒の宝庫「播磨」

日本酒の歴史が始まった地「播磨」 約1300年前に編纂された「播磨国風土記」の中に、米麹を用いた酒造りの製法が初めて登場しています。  伊和大神に供えられた米飯が濡れたため、カビが生えてしまった。そこでその米を播磨の庭田神社(宍粟市)の裏にあるぬくい川で醸したところお酒が出来上がり、伊和大神に献上して宴をおこなったと記されています。 日本で初めて、日本酒が作られたとされている記述です。 541

市川町の「第1回市川町ゴルフまつり」へ行ってきました!

8/20、21に行われた市川町の「第1回市川町ゴルフまつり」にお邪魔してきました。このイベントは「国内ゴルフクラブ発祥の地」をPRしようと、町や観光協会、商工会が企画したもの。イベントは2日間にわたって行われ、20日は「スナッグゴルフ兵庫いちかわ杯」がフォレスト市川ゴルフ場で開催され 地元ゴルフメーカーのクラブ試打会やオープンコンペ、前夜祭などが行われたようです。 527

市川町の軟鉄鍛造アイアン【ichikawa Forged】

西はりま地方が誇る地場産業「アイアン」   刀鍛冶の技術を応用し、西はりまで完成した国産初のアイアンヘッド 昭和3年頃、兵庫県工業試験場三木分場にグリーンのホールカップ切りと一緒に、アイアンヘッドが研究材料として持ち込まれました。 その担当研究員の一人に松岡文治さんという人がいました。 513

「乾麺レシピコンテスト」の決勝レシピを大公開!

2016播州のめんまつりで開催された「乾麺レシピコンテスト」   6月10,11日に開催された播州のめんまつりでは 乾麺の新しい食べ方というコンセプトでみかしほ学園の生徒さんによる 「乾麺レシピコンテスト」が開催されました。   乾麺レシピコンテスト 結果発表   大盛況で終わったのですが、来場したお客様から 「これ、どうやってつくるの?」 と言う声を多く頂きました。   というわけで、コンテストに出場した5つのレシピを大公開!                       いかがでしたでしょうか? いつもワンパターンになりがちな乾麺ですが、これで夏休みのお昼を乗りきれるのでは! 家族も喜ぶこと間違いなし!   なんだか急にそうめんが食べたくなった方は姫路の特産品が揃う「はりまの宝蔵」でどうぞ!